「予防医学デー 記念シンポジウム」に参加してきました。

 11月5日、東京港区の北里研究所病院・大村記念ホールで行われた「予防医学デー 記念シンポジウム」(学校法人北里研究所・北里大学北里研究所病院主催、一般社団法人食・楽・健康協会共催)に参加してきました。紀文食品が加盟している「食・楽・健康協会」が協賛しているご縁でご案内いただきました。

 "予防医学の父"と呼ばれる北里柴三郎が研究所を設立した日にちなみ、北里研究所と一般社団法人 食・楽・健康協会が「予防医学デー」を11月5日に制定されたとのことです。


シンポジウムはノーベル生理学・医学賞を2015年に受賞され、北里大学栄誉教授の大村智先生、アスリートの血糖値管理の重要性を発信するサッカー日本代表の長友佑都選手のビデオメッセージで始まりました。


 そして、基調講演は食・楽・健康協会代表理事の山田悟先生です。

 予防の概念には、リハビリ・社会復帰などの3次予防、早期発見・早期治療の2次予防、健康増進・特異的疾病予防の1次予防があると言われていますが、さらに日常生活の中でできる”予防”が提示されました。美味しいものを食べて健康になれる緩やかな糖質制限「ロカボ」な食事が、宴会や旅行や接待の中で行われることを”0次予防”と名づけたいと提案されました。食に関わる企業が”予防医学”に確実に関わっていくべきテーマが見えてきました。

 

 後半では、緩やかな糖質制限「ロカボ」の概念のもとに取り組んでいる各分野の企業が、その実践をご紹介くださいました。ロカボ商品の開発だけにとどまらず、社員のロカボチャレンジを継続する(株)ローソンや日の丸交通(株)の取り組みはまさに0次予防の実践です。また、ロカボの啓蒙活動を念頭に中国での糖尿病予防に取り組む三菱商事(株)の事例には、ロカボの持つ大きな可能性を感じました。その他、外食産業の(株)ゼンショーホールディングスやRIZAPグループ(株)のプレゼンテーションも行われました。

 予防医学の一端を担うことにほかならない企業としての使命と責任を、改めて考えさせられたシンポジウムでした。


※「ロカボ」については↓こちらからどうぞ。

糖質0g麺 紀文deロカボMagazine

ゆるやかな糖質制限ロカボな食生活で健康とキレイを叶えよう! 糖質0g麺でおいしい!楽しい!ロカボな暮らしの情報を発信し、ロカボライフ普及を目指します!

0コメント

  • 1000 / 1000